HOME/新着情報/「有機農産物 収穫体験バスツアー」を開催しました!
宣言者募集中!
生産宣言される方 応援宣言される方 電子申請ができない方はこちら 宣言制度についての詳細はこちら
ただいまの宣言者数
20000 1000 600 70 0 件
30000 6000 0 90 4 件

新着情報 一覧にもどる

「有機農産物 収穫体験バスツアー」を開催しました!

お知らせ

令和6(2024)年1月31日、熊本で飲食店を営む方々を対象に、有機農産物の収穫体験バスツアーを開催しました。今回、10店舗・17名の参加者が、宇城市不知火町で30年以上にわたり有機農業に取り組む澤村輝彦さんのハウスを訪れ、ミニトマト(品種:アイコ)の収穫体験を行いました。案内役を務めた澤村さんは『肥後あゆみの会』の代表として、「本当においしくて体と地球環境にいいものとは?」「それを作るためにはどうすればいいか?」を真っ直ぐに追い求め、平成13年に同会を設立。現在、柑橘農家4軒と野菜農家2軒、さらに澤村さんが新規就農のサポートを行なった若手農家たちとともに、地球と人に優しい農業を実践しています。



江戸時代まで塩田だった場所に建つハウスを訪れると、中はつややかで生命力にあふれたミニトマトが鈴なり状態! 真っ赤に熟れ、見るからにおいしそうな一粒をもぎり、みなさんその場ですぐに味を確かめています。すると、


「甘さが格別!」


「これは塩こしょうもしないで、そのまま焼きトマトにしたくなるほどうまい!」


「うちはパスタにアレンジしてみようか」


という具合に、想像以上にギュッと凝縮された味わいに皆さんが驚かされ、次々とアイデアが溢れ出していました。



収穫体験後は、規格外トマトを使った加工品や、地元の飲食店が提案する豆乳スープの試食などもあり、限られた時間の中で有機農産物の魅力にたっぷりと触れた参加者の皆さん。最後は澤村さんたちが丹精込めて育てた有機農産物も販売店しているファーマーズマーケット「宇城彩館」を視察し、帰路につきました。


詳しいツアーの様子や、参加者の感想は改めてご紹介しますのでお楽しみに。