HOME/新着情報/「地下水と土を育む農畜産物 収穫祭」を開催しました!
宣言者募集中!
生産宣言される方 応援宣言される方 電子申請ができない方はこちら 宣言制度についての詳細はこちら
ただいまの宣言者数
20000 1000 300 60 5 件
30000 4000 100 10 0 件

新着情報 一覧にもどる

「地下水と土を育む農畜産物 収穫祭」を開催しました!

お知らせ

 令和2年(2020年)1月13日(月)、ホテル熊本テルサにおいて、第5回「地下水と土を育む農畜産物収穫祭」を開催しました。


 当日は、一般公募してご参加いただいた消費者の方(約100名)を含む、合計約150名の皆様にご参加いただきました。


  まず、きれいで豊かな地下水と美しい熊本の自然環境を守る農業である「くまもとグリーン農業」の取り組み、また、それを推進する活動に顕著な功績があった個人・団体等を表彰する「くまもとグリーン農業表彰式」が行われました。


  生産宣言部門の5団体の皆様は、害虫防除のための天敵導入や野草堆肥を使った土づくりなどで化学農薬や化学肥料の削減や環境保全に取り組まれています。また、観光客の視察を受け入れるなど環境にやさしい農業について消費者の理解を促す活動をされています。


 応援宣言部門の1団体の皆様は、減農薬、減化学肥料の取組みや湛水による地下水かん養の取組を行政、地元企業、消費者や生産者と共同して推進していただいております。



 


  次に、くまモンと一緒に水の大切さを学ぶ映像「水はみんなの命」(※協力:(公財)肥後の水とみどりの愛護基金)を観賞し、熊本の地下水のことを学びました。


 続いて、食育インストラクターの資格を取得し、各メディアでのレシピ紹介や料理家としての活動のほか情報番組のコメンテーターや、コラム執筆、CM出演など幅広く活躍する和田明日香さんの「環境にやさしい食育講演会」を開催しました。


 和田明日香さんの義母である料理愛好家の平野レミさん(和田さんは平野レミさんの次男と結婚)とのエピソードを交えながら、仕事と家庭の両立のコツや、野菜をたくさん使った家庭での夕食づくり、身近なところからの食育など、具体的な事例を紹介しながら楽しいお話しがありました。



 次は、お待ちかねの収穫祭ランチです。 


 収穫祭ランチでは、地下水と土を育む農畜産物である「えこめ牛」のタタキや「肥後あそび豚」のカルビ丼、また、グリーン農業のお野菜をふんだんに使ったサラダやグラタン、デザートは地下水と土を育む甘酒のクレームブリュレなどたくさんのお料理がならびました。


  それぞれのメニューについては、ご考案いただいたホテル熊本テルサの料理長から、素材の特色やメニューに取り入れる際の工夫などをお話しいただきました。実際に食べながらお話しを聞くことで、お野菜やお肉が地下水と土を育む農業や環境に配慮したくまもとグリーン農業でどのようにして作られたか、また美味しさについてもより一層味わうことができました。


  その後、サプライズゲストのくまモンが登場してくれました!


 くまモンは、くまもとグリーン農業農産物を食べたり購入したりして応援する「応援宣言番号第000000号」のグリーン農業応援宣言者です! 日頃から、くまもとグリーン農業のPRイベントにも「農夫モン」の衣装で登場し応援してくれています。


  



  盛りだくさんの内容で開催された、地下水と土を育む農畜産物収穫祭!


 安全・安心でおいしい農畜産物を育むために欠かせない地下水と土を50年、100年先の未来に引き継いでいくために、「地下水と土を育む農業」及び「くまもとグリーン農業」の取組みを行っています。この収穫祭を通じ、実際に触れて、身近に感じて理解していただきました。


 ぜひ普段のお食事でも、地下水と土を育む農畜産物やくまもとグリーン農業の農産物を、買って、食べて、応援してください!